肌荒れが治らないときに読むサイト

肌荒れが治らないときに読むサイト

肌荒れの原因はアレルギーの可能性も

肌荒れに悩む女性

なかなか改善しない肌荒れの悩みを長期間にわたって抱えている方も多いと思いますが、その原因が何なのかはっきりとわかっている方は少ないかもしれません。ストレス、暴飲暴食、便秘など、肌が荒れる原因として挙げられることにはさまざまありますが、その中にアレルギーが原因で起こる肌荒れというものが存在します。

 

花粉症の時期に肌がヒリヒリする、強いかゆみがある、などは花粉アレルギーで肌が弱まって荒れているのかもしれません。その他にもペットやカビ、人の体から出るフケなどの細かい汚れが原因となる場合もあります。

 

他にもうるしなどの植物、特定の食べ物で起こるアレルギーもありますし、化粧品が肌に合わないというのも一種のアレルギー反応であると考えられます。肌が弱く敏感になり、機能が弱まっている時には、アレルギー反応で起こった肌の痒みや乾燥などがそのまま肌荒れの原因の種となることも多いので注意が必要です。

 

花粉などは予防するのがなかなか難しい部分がありますが、ペットの毛やフケ、カビ、ダニなどはある程度取り除くことができるので、アレルギーの原因と思われるものを取り除いて周りを清潔に保ちましょう。

 

肌の痒みを伴う荒れで悩んでいて、原因がわからず長期間にわたって症状があるという場合は、もしかするとアレルギーが原因での肌荒れなのかもしれません。早めに皮膚科を受診し、肌荒れの原因が何かを突き止めることができれば、その後の予防が楽になる場合もあります。

ニキビはどうしてできてしまうのか

10代のころの額や頬など皮脂分泌が多い部分にできる”思春期ニキビ”も、20代以降にできる頬や口周りなど顔の下の部分にできてくる”大人ニキビ”も、原因は「肌の乾燥」にあります。

 

肌は適度な潤いを保つことで一枚のヴェールをかけたような状態になり、それが肌の”バリア機能”を正常に維持してくれています。
この”バリア機能”が肌の乾燥によっていちじるしく低下してしまうと、肌が本来持っている「新しく生まれ変わる力(=ターンオーバー)」が弱まっていき、肌に老廃物がたまったままで、やがてはニキビへの発生につながっていくのです。

 

また、肌表面が適度に潤っていないと、肌は肌を潤わすために自ら必死になって皮脂を分泌させはじめます。つまりよぶんな皮脂を一生懸命出してしまうのです。
こうした皮脂が毛穴につまり、それがニキビの発生につながるというのもニキビができる原因のひとつです。

 

このように「肌の保湿ケア」はニキビを防ぐためには、とても大切なケアなのです。

 

大人ニキビを治すためのスキンケアならこちらのHPが参考になります。
⇒ 大人ニキビを治す方法【1週間で改善できる】ニキビケア特集
というニキビケアのウェブサイト。

肌を潤わせる日常のお手入れ

肌を保湿するケアは日常のお手入れでぜひとも取り入れましょう。

最近は美容機器が出回っていて、フェイシャルサロン並みのスチームを使用してのお手入れが自宅でもできるようになって来ました。お手入れが好きな方はそういった機器を使ってみるのもいいでしょう。

 

でも、お手入れに時間がない方にとってはせっかく購入してもそのうち使わなくなり「宝の持ち腐れ」になってしまうかもしれません。
日常の保湿ケアには特別な機器はあえて使わないほうがお手入れが長続きしたりするので、まずは家にあるもので保湿ケアをしてみましょう。

 

簡単な方法として保湿ケアに蒸しタオルを使います。
水で絞ったタオルを電子レンジで1分弱温めると、かんたんに蒸しタオルができます。洗顔後蒸しタオルを額、両頬、アゴにのせ、そのまま2ふんほど温めます。
じんわりしてリラックスでき、毛穴がゆっくりと開いていきます。
その後でコットンにしっかり化粧水を含ませてパッティングをします。

 

肌の角質にしっかり染み入るように、じわーっとパッティングしていきましょう。
時間があれば、パッティング後そのコットンを使ってコットンパックを数分どうぞ。これだけで見違えるように肌がモチモチしてきます。
あとは水分を逃さないように、クリームやジェルでケアをします。しっかり保湿してあげると、できかかっていたニキビも治まっていきますので、ぜひ日常に取り入れてください。

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ