便秘と肌荒れ

便秘と肌荒れ

便秘と肌荒れ

便秘と肌荒れで悩む女の子

便秘は多くの女性の大きな悩みの種です。便秘が酷くなると腹痛などの苦痛を伴うのも大きな問題ですが、胃腸の調子が整っていないと肌が荒れる、というのも女性にとっては悩みの種になってしまいます。

 

便秘をするとなぜ肌が荒れるのでしょうか。理由として挙げられることにはいくつかあります。まずは腸内の環境が悪化することで有毒ガスが発生し、それが血液を通して全身に運ばれる中で、肌にも到達して悪影響を及ぼすという点です。

 

肌細胞は敏感に反応するので、影響が出やすく肌が荒れるのが早いのです。口元が荒れだすと腸内の環境が悪化しているとも言われ、肌は肌そのものだけではなく、体の健康をはかるバロメーターのような役割も持っています。

 

便秘になることで免疫力が低下し、肌のバリア機能が弱まって肌が荒れやすくなるということもあります。続く肌荒れと便秘の両方に悩まされているという方は、まずは便秘の改善を考えて行きましょう。

 

便秘の解消のためには、便そのものを柔らかく、出やすくする必要があります。食物繊維が多く含まれる食品をとるというのは、便秘の解消法としてとても有名ですし、実際に効果があります。レタスやゴボウ、さつまいもなどがよく知られています。

 

また、便秘がちな人はとる一日に摂取する水分の量が少ないということもあります。胃腸を冷やさぬよう、常温の水か温かいお茶で、たっぷりと水分を補給しましょう。
お茶のリラックス効果でストレスがほぐされると、肌荒れの改善の面にも効果があります。

 

どうしても、目に見える肌荒れを先に改善しようとしてしまうのですが、まずは根本的な原因と思われる便秘の解消を考えていくと良いでしょう。便秘が続くことでストレスを抱えると、そのストレスがさらに肌荒れを悪化させることもあるので、胃腸の調子を整えることを考えた生活の見直しをしていくのが良いでしょう。



ホーム RSS購読 サイトマップ