メイクブラシを清潔に!細菌がいるかも

メイクブラシを清潔に!細菌がいるかも

メイクブラシを清潔に!細菌がいるかも

メイクブラシは女性のメイクアップには欠かせないものです。ふんわりと色をのせるチークや、アイシャドウで繊細なグラデーションをつけたい時、顔全体にパウダーを柔らかく広げたい時、余分なお粉を取り除く時・・・メイクアップのさまざまな場面で活躍してくれます。

 

しかし、この便利なメイクブラシが、使い方を間違えると肌荒れの原因にもなってしまうということを知っていましたか?

 

メイクアップブラシは、お化粧をたしなむ女性であれば毎日使うものです。そして、毎日肌に触れるものですから、顔の脂がメイクアップブラシに付着してしまう場合もあります。

 

残った化粧品や顔の脂が汚れと混じり、メイクアップブラシに菌が発生することがあります。メイクアップブラシの間違った使い方は、きちんと洗浄をしないまま同じブラシを使い続けるということなのです。

 

毎日使い、毎日肌にふれるものだからこそ、定期的にきちんと洗浄をしなければなりません。清潔を保つというのが大きな目的ですが、メイクアップブラシの内側で脂や汚れが固まってしまい、次に使う時にうまくお粉がのらないというケースも防ぐことができます。清潔なメイクアップブラシで、繊細なメイクを楽しみましょう。

 

天然毛タイプのものを洗う場合は繊細な扱いが必要です。昔ながらの石鹸やボディシャンプーなど、刺激の少ないものをごく少量使って汚れを落とします。その後はぬるま湯の中でゆっくりとメイクアップブラシを動かしてすすいで下さい。

 

乾燥が不充分なまま使うと、カビや雑菌の温床になってしまうことがありますから、最低でも3日、よく乾かします。メイクアップブラシのスペアがあるとより便利に使えます。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ